湯真藤子YUMA TOUKO Art Works

アクセスカウンタ

zoom RSS ER ジュビリーセレブレーション  Jubilee Celebration

  作成日時 : 2008/02/05 12:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

■作出 2002年度/by David Austinイギリス
■花色 サーモンピンク〜コーラルピンク(一言では言い表せないグラデーションです)
■咲き 四季咲き(かなり返り咲き性は良好に感じます)
■樹形   シュラブタイプ 130×120
■香り ★★★★(フルーツ香・レモン・ラズベリーと甘い香りの香り…だそうです)
■花持ち 春の命は、あっという間です。秋以降はまぁまぁの花持ち。ただ、水に差した時の花持ちが悪い様に感じました。
■シュートの発生  普通  樹勢は強め 
■参考栽培地  千葉県柏市、東南向き    ■日照  普通
■個人的な感想 
大輪ですが、1年を通して花付きが良いです。私がこの品種を購入しようか迷っていた時、ネット検索で「この花を見た時、至高の美を感じた」という文章を読んで、購入を決意しました。
 実際、その通りだと思います!カタログに「形の良いシュラブを形成する強健種」と書かれていましたが、確かに病気に対する耐性もそこそこ、特に蕾から咲ききるまでの微妙な花色は、筆舌しがたいです。
 もちろん、素晴しい花を見るためには、充実したシュートの発生、程よい剪定は非常に大事ですが、夏の貧弱な蕾でも「まぁこれはこれで、アッサリして素敵かも…」と思える花になります。(上の写真の花は夏の花です。小さめ)

また、香りも素晴しいです。好みは人それぞれですが、甘すぎずサッパリしすぎず、この香を「好き」と思う方は多いのではないでしょうか。馥郁(ふくいく)たる香り…という表現がピッタリ!で、蕾が開き始めると、何度も嗅ぎにいって「はぁ〜〜」とため息をついてしまいます。

「エリザベス女王即位50周年を記念して命名された、最高品種のひとつ」だそうで、確かにメモリアルローズとするならば、それ相応の優れた特徴がないと説得力ありませんものね。

樹形も、やや横張りのシュラブですが、オベリスクなどを使用すれば、比較的コンパクトに管理できます。ただ「丈夫だわ!」と、無農薬でヘラヘラ喜んでいると、台風後にあっというまに丸坊主になってしまいました。
 
やっぱり台風後の消毒は大事ですよね…面倒くさいんですけど……。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ジュビリーSは素晴らしいですよね。
片親がゴールデンセレブレーションで、花の形や香りはゴールデンそっくりですよね。
花弁の裏が黄色味を帯びているのもゴールデンの血を引いているからだと思います。
色合いは説明しがたく、花は大きくてとても華やかでしょ。他のバラにはこの色はないですよね。
私の好きなバラ、5本の指に入るバラですね。
まゆげ
2008/02/17 22:55
こんばんは!初めまして、コメントありがとうございます。
本当に!ジュビリーは色々な意味で素晴しいですよね。買おうか迷っている方がいたら、ぜひ是非お勧めしたい品種ですよね。私が作った訳ではないですけど……。
二月も半ばだと言うのに、ぜんぜん植え替えも終わっていなくて「どうすんの…これ?」と途方にくれていましたが「頑張ろう〜〜」との決意を新たにしました。
ブログ初心者ですので、スローペースの更新になると思いますが、たまに覗いて頂けたら嬉しいです。
まゆげさま
2008/02/18 21:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
ER ジュビリーセレブレーション  Jubilee Celebration  湯真藤子YUMA TOUKO Art Works/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる