お知らせ 2016

「佐藤一郎とその周辺展」~東京藝術大学油画技法材料研究室で育む未来のかたち~ 2016年2月17(水)~22(月) 10:00 ~ 19:00 日本橋三越本館6F美術特選画廊B from Feb. 17th until 22nd of 2016 / 10:00 – 19:00 MITSUKOSHI-Nihonbas…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせ ~2011まで

- 2011 - 1/18 ~ 1/29 KINOSHO KIKAKU + Gallery156さんにてグループ展「Resonance Effect」に参加させて頂きます。 詳細はコチラ→→ http://3.ly/Eg9Z   http://3.ly/gpUc 森洋史氏+H.K氏+堀越達人氏+私はF30号「いつも背中に狼を@…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンパイア平和的生存権の為の習作1

”Study 1 for The right of vampire to live in peace” 455×380mm, oil painting, 2009 何年か前に、ドラキュラ家族の絵を描いた事があります。その時から、もっと作品性もコンセプトも洗練させて描いてみたいな、と思っていました。 今回は「家族」「死」「絆」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンパイア平和的生存権の為の習作2

”Study 2 for The right of vampire to live in peace” 530×333mm, oil painting, 2009 ここ数日で立て続けに、この絵を「ニワトリが血を抜き取られてる絵」と言われて、少し不安になりました。 もちろん、どう解釈するかは見る方の自由ですし、普通は個展前に作…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

蜜 蜂子の危機

”A crisis of Mitsu-Hachiko ” 727×606mm, oil painting, 2009 これは、途中段階の携帯画像しか残ってなくて「もう一度描いてみたい」と思っています。 庭に織りなす虫達のドラマを見ているうちに、描きたくなった絵です。 数年前、私はバラに夢中になっている時期がありました。 バラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリスの為のエスキース

”Study for Alice” 606×410mm, oil painting, 2009 この絵を描いたきっかけは、昨年の夏休みに友人のご両親の別荘で、小さい女の子と会ったからです。 数日でしたが、年端の行かない女の子と接したのは初めてで、とても新鮮でした。 一緒に花を摘んだり、手をつないで歌いながら歩いたり、たわい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悩める子羊 half & half

"A stray sheep - half & half - " 1167×910mm, oil painting, 2008 これは「悩める子羊」としての2枚目の絵で、あともう1、2枚描いてみたいシリーズです。 きっかけは私自身が何をするにも決めるにも、迷ってしまう人間だから、という理由もあります。でも最近、自分の周り、そ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カラバ侯爵の御為に

「I do all for My Lord Marquis of Carabas」1620×1303mm, oil painting, 2008 この絵は、現在シリーズとして製作中の十二支の動物にちなんだ「子(ネズミ)」の絵です。ネコ娘の方が断然目立っていますが、実は食べられるネズミが主人公だったりします。  この絵と同時に…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

GEISAI#11&後記

東京ビッグサイトでのGEISAI#11に参加します。(100号3点の組み合わせと、版画を中心に展示) こちらは私の親しい友人である作家の木村了子氏が、設置前にわざわざシュミレーションで作ってくれた画像です。 「ゆま★とうこ」の泣けるほどダサい感じが、とっても気に入りましたので、これは実際に書くつもりです。GEISAI自体は初参加…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

牧神の午後

「L'APRES-MIDI D'UN FAUNE」530×455mm, oil painting, 2008  この絵は、大作の為のエスキースとしてデッサンから描き起こしたものです。  デッサンの時、想像で描き進めたところ、自分でも絶句する人体の形態になってしまいました。  少し前に、とある偉い先生から「芸大って、上手な人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

因幡の白兎

「White rabbit of INABA」455×380mm, oil painting, 2008  これは版画を元に、油絵で描き起こしたものです。モノクロのデッサンや版画は、実際に描いてみないとわからない部分が沢山あります。   ゆくゆくは100号くらいの大きな画面にするつもりなのですが、油彩の小品として描いてみて「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生・人魚姫

「The emerging Mermaid」 pencil drawing ,460×380mm ,2008  大人になった今でも時々、寝る前にアンデルセンの童話を読みます。誰もが知っている人魚姫は、読む度にホロリとしてしまいます。  しかし反面で、いつも納得いかない気分にもなります。何と言うか、噛んでも噛んでも噛み切れないタコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

THORN ROSE

「 THORN ROSE 」 1167×910mm, oil painting, 2007  「THORN ROSE」とは「いばら姫」の事で、百年寝てると王子様が助けに来てくれるという、「果報は寝て待て」を体現している、夢の様な話です。  幼少時、テレビ禁止のうえ夜はいつも一人で、本ばかり読んでいた私は、子供心に「私も大きく…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

 種 - 神秘と安定 -

「 The species -mystery and balance-」 1620×1620mm, oil painting, 2006  この絵は、古事記に登場する大気都比売神(オオゲツヒメ)の話にヒントを得て描いたものです。  速須佐之男命(スサノオ)に殺されたオオゲツヒメの屍体から、様々な食物の種が生まれ、神産巣日御…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

鬼村家妖怪吸血家族之圖

「The ghastly apparition, A picture of vampire family」 410×636mm, oil painting, 2005  この絵は、以前デパートの個展に出品たものの「場にふさわしくない」と判断されて、途中で下げられてしまった、ある意味、思い出深い絵です。  ごくごく親しい友人を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スネ様に捧げるオマージュ

「 Hommage to give to SUNESAMA 」 watercolors to paper,300×460mm ,2007  「スネ様」とは、ほんの少しの間、実際に飼っていたアオダイショウの名前です。  見えたまま描いただけなので「普通じゃない?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この時、スネ様…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

袖ふれあうも他生の縁

「 Even chance meetings are the result of karma 」 watercolors to paper,600×840mm ,2007   この絵を描いている最中、あまりのタコのイボの多さに泣いたものです。  「どうして二匹も描いちゃったんだろう…私はバカだ!」と自分を呪いました。8本×2…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

忍法・菊隠れの術

「 NINPOU・The art of KIKUGAKURE 」 watercolors to paper,600×840mm ,2007  岸本斉史先生の「NARUTOナルト」を読んだ事のある方なら、この題名を付けてみたかった私の気持ちを、わかって頂けるのではないでしょうか。 BECAUSE 私も「ナルト」が大好きだから!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ゆく川の流れ」のためのエスキース(方丈記より)

「A study for the flow of running water from HOUJOUKI」   皆さんは、中・高校時代の授業で習った、実生活で全く役に立たない知識を今でも覚えている、ということはないでしょうか。サインコサイン、ラ行五段活用とか…。  鴨長明「方丈記」も、私の中で「覚えてても、役に立たない古典知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 腐麗棒意・ 因幡の白ウサギ編 (プレイボーイ・いなばのしろうさぎへん)

「PLAY BOY ! White rabbit of INABA version 」Block print on paper,148×100mm ,2007  「因幡の白兎」は、出雲神話の一つです。通常は白兎が浸透していますが、古事記のうち素菟(素兎)が正しく、裸の兎の意味だそうです。  島を抜け出したかった兎さんは、海の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ER ウィリアムシェークスピア2000  William Shakespear 2000

ブログ開設して数日後、自分の作品群を初めてネットで見て、思いました。少し、くどい!です。そこで今日は、美しいバラなどをご紹介します。 私がバラを購入する際、ネット検索で実際に栽培されている方のレポートが、とても役に立ちました。これから購入を考えられている方などに、私の感想が少しでもお役に立てれば幸いです。 ■作出 2000年度/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イブピアッチェ Yves Piaget/イブシャンテマリー

■作出 1983年度/フランス、M.L.Meillandメイアン ■花色、花型  ローズピンク/ しゃくやく咲き ■咲き方  四季咲き(返り咲き性は良い方に感じます) ■樹形 ハイブリッドティ  120×100 (我が家では150×90程に成長) ■香り ★★★★★(強いダマスク香…だそうで、その通り!大人の女~という感じで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ER ジュビリーセレブレーション  Jubilee Celebration

■作出 2002年度/by David Austinイギリス ■花色 サーモンピンク~コーラルピンク(一言では言い表せないグラデーションです) ■咲き 四季咲き(かなり返り咲き性は良好に感じます) ■樹形   シュラブタイプ 130×120 ■香り ★★★★(フルーツ香・レモン・ラズベリーと甘い香りの香り…だそうです) ■…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more